気が付いたらいつのまにか20kg太ってた?運動嫌いな40代ナマケモノ主婦が本気でやってみた!

置き換えダイエットで10kg痩せる!リアル実践記ぼて子

ダイエットコラム

息切れなしでウォーキングを30分やりきる!脂肪を燃焼させるには?

投稿日:

テレビ番組などやネットなどの情報を含めて有酸素運動は20分以上継続することで初めて効果が出るといわれています。ですが、実はそれは大きな間違いでした。

なぜなら、有酸素運動を開始して何分までは「糖」が使われて何分以降からは「脂肪」が使われるということがはっきり分かれていないからです。

たとえば、ウォーキングを開始してからすぐにも脂肪が使われることもあります。

なので、糖が使われるか脂肪が使われるかというのは運動の強さに比例して変わっていくといえます。

どちらにしても、脂肪を燃焼させやすい運動をするなら有酸素運動が一番最適ということになります。

脂肪を効果的に燃焼させるには何時間必要なの?

体内の脂肪燃焼というのは運動開始から始まっていますがいったい、どれくらいの時間で脂肪燃焼が行われるか気になると思います。

実は、脂肪の分解が活性化するまでには一定の時間がかかるので「20分~30分」ほど有酸素運動をするのが理想的なのです。

こうした意味では、従来言われている「有酸素運動は20分以上」というのは正しい側面も含んでいるでしょう。

ですが、有酸素運動などは継続しないと意味がないのでできれば「1日30分程度」は運動をしたほうが良いといえます。

とはいえ、運動をする習慣がない人にとっては30分の有酸素運動でも連続して行うのは結構つらいものですよね。

ですが、そんな人でも簡単に30分間有酸素運動ができる方法があります。

30分の有酸素運動を細分化して継続

実は、有酸素運動は数分単位で行っても大丈夫です。

たとえば、10分間ウォーキングをして休憩を取り、さらに10分間ウォーキングをするということを繰り返せば初めての人でも簡単に30分有酸素運動ができるでしょう。

つまり

例1:5分×6回=30分

例2:10分×3回=30分

このように分単位で区切っても全く問題ありません。

「30分間運動する時間がない」

「長い時間運動をするのが面倒」

この方法は、そのような人に最も最適な有酸素運動だといえますね。

ただ、有酸素運動は短く区切った時間でも効果はありますがそれでも運動をしない日が続くと効果は薄れてしまいます。

しかも、長期間続けない日が続くことでせっかく正しい有酸素運動を始めたとしてもやるたびに振出しに戻るのは意味がありませんよね。

でも、丸2日以上有酸素運動をしない日が続かないように運動をするスケジュールを作り意識して継続するのも良い方法です。

たとえば、月曜日に運動をして火曜日と水曜日は休み、また木曜日運動をするというふうにすれば2日以上はあかないので効果もある程度期待できるでしょう。

雨の日が続いてウォーキングができない場合の対処

梅雨時期に入るとウォーキングができないので2日以上もあいてしまう場合がありますよね?

そういう場合は、「室内でできる有酸素運動器具」を使いましょう。

そうすることで、外に出なくても自宅で簡単に有酸素運動ができます。

たとえば、ウォーキングをする時間が取れないという場合でも「室内でできる有酸素運動器具」を使えば時間を気にしないで室内でも運動ができます。

つまり、雨の日が続くようなら室内でもできる運動器具を使うのも良いということになります。

結局、初めての人でも息切れなしでウォーキングを30分やりきる方法とは、時間を区切って休憩を入れつつ有酸素運動をするということです。

-ダイエットコラム

Copyright© 置き換えダイエットで10kg痩せる!リアル実践記ぼて子 , 2018 All Rights Reserved.