気が付いたらいつのまにか20kg太ってた?運動嫌いな40代ナマケモノ主婦が本気でやってみた!

置き換えダイエットで10kg痩せる!リアル実践記ぼて子

ダイエットコラム

基礎代謝が落ちてくる原因とは?低い人の特徴は主に4つ!

投稿日:

基礎代謝が落ちてくる原因とは?

人間は生命を維持するために、何もしていなくても体内でエネルギーを消費しています。この安静にしているときに無意識に消費されるエネルギーが「基礎代謝」です。

よく年をとると代謝が落ちて太りやすくなるといいますよね。実は、基礎代謝が下がる原因は年齢を重ねることだけではありません。なぜ、基礎代謝が落ちるのでしょう?その原因をご紹介します。

基礎代謝はどうして加齢とともに下がるのか?

年を重ねたら代謝が落ちるという漠然としたイメージを持っている方は多いでしょう。たしかにそれも事実のひとつです。

一般的に、成長期のまっただ中にいる10代をピークに基礎代謝量は下がり、30代に入ると急激に下がる傾向があります。

ではどうして年齢を重ねると基礎代謝が下がるのでしょうか?

それは、成長期の10代と大人では体を維持していくために必要になるエネルギーの量が違うからです。

成長期は身長が伸びたり、体の機能が変化したりする時期です。そのため、細胞が生まれかわるサイクルもとても活発になっています。

じっと安静にしているときでも大人になる体を形成していくために、たくさんのエネルギーが消費されているのです。

一方、成長期を経て体が完成した状態になれば「体を維持する」ことができるエネルギーがあれば充分になります。

そのため、一般的には年齢とともに基礎代謝量は下がっていきます。また、基礎代謝で使われるエネルギーは1日に消費されるエネルギーの7割を占めているともいわれており、意外と影響が大きいものです。

そのため、大人になっても摂取するエネルギーが10代の頃のままですと、必要なエネルギー量を超えてしまいやすいのです。

今まで食べてきた量を急に変えるのは難しいものなので、かみ応えのある食材を取り入れるなど、量を減らしても満足感が得られるような工夫をしてみるとよいかもしれませんね。

基礎代謝が落ちてくる原因は年齢だけじゃない?

実は、基礎代謝が落ちてくる原因は年齢だけではありません。年齢以外にも基礎代謝量が減る原因が2つあります。

1.筋肉量が減ること

1日に摂取するべきと推奨されているエネルギー量のうち7割は基礎代謝で消費されます。

そして、その基礎代謝は筋肉で行われている部分が多いのです。そのため、年齢が若くても筋肉量が減ると基礎代謝量は落ちます。

一般的に男性は女性より筋肉量が多いので、基礎代謝量も男性のほうが高いです。

また、厳しい食事制限をするようなダイエットをすることや日常的に運動不足の状態の人も筋肉量が少なくなる傾向があります。

食事制限で摂取するエネルギーが減ると、体は筋肉を分解してエネルギーを作りだそうとしますので筋肉量が減りますし、運動不足ですと使われない筋肉がどんどんやせていってしまいます。

2.内臓の機能が低下していること

無理なダイエットを繰り返す人や便秘がちな人、汗をあまりかかない人、食事が偏って居る人などは内臓の働きが低下しやすいため基礎代謝が下がっていることがあります。

無理なダイエットでは体が飢餓状態になりエネルギー消費を抑えて、栄養をため込もうとします。

また、便秘や汗をかかない場合は老廃物が体内にとどまってしまっていることになるので、内臓がうまく働かず代謝が鈍ることがあります。

コンビニ弁当ばかりや甘い物や脂っこいものばかりなど偏った食事では、カロリーはたっぷり摂れますが充分な栄養が摂れず、内臓の機能が低下してしまうことがあります。

基礎代謝は内臓機能の維持でも消費されますので、その機能が低下すると基礎代謝が下がることにつながってしまうのです。

基礎代謝が低い人の特徴

ここまでで基礎代謝が下がる原因についてはおわかりいただけたと思います。基礎代謝が低い人に見られる特徴で主なものは次の4つが挙げられます。

1.食事が不規則

朝ご飯を抜いてしまうパターンが多いと思います。食事の時間が不規則になると、体内ではエネルギーが不足しないように、消費を抑えてためこむモードに傾いてしまいやすくなります。

2.外食やコンビニ弁当で食事を済ませがち

外食などのみでは野菜や果物類などをたくさん摂るのは難しいでしょう。ビタミンやミネラル類は意識して摂らないと不足しがちな栄養素です。野菜ジュースを飲む、自炊を週に数回からでも取り入れるなどの工夫をしましょう。

3.あまり歩かない

会社や買い物などですぐに自転車に乗ったりエスカレーターやエレベーターに並んだりしていませんか?自分が動かない時間が長い人は基礎代謝が低い傾向にあります。意識して階段や徒歩で移動する習慣をつけましょう。

4.肩こりがあり、顔色がわるい

基礎代謝が低いと体全体のめぐりが悪くなりがちです。寝ても肩こりが治らなかったり、顔色がどんよりしてしまいやすいので、思い当たることがある方は基礎代謝が低いことが原因かもしれません。体をあたためる工夫をプラスすることで改善が期待できます。

基礎代謝が低いデメリットは?基礎代謝量が減ると太りやすい?

基礎代謝の低い人の特徴を見ておわかりのとおり、基礎代謝が低いとデメリットがあります。体内で消費されるエネルギーが少なくなるので、同じものを食べたとしても基礎代謝の高い人より太りやすくなります。

また、太るなどの美容面以外にも健康面でのデメリットも考えられます。

体の小さな不調を感じることが多くなり、だるさや疲れが取れにくい、胃腸の調子が悪い、肌荒れが治りにくいなどの現象もよく起こります。

逆に考えると今このような不調に悩まされている方は基礎代謝が下がっていることが原因の可能性があります。

もしそうならば、基礎代謝を上げる工夫をしていくことで美容面と健康面の悩みが解決できるかもしれないということです。

太りにくく、肌や髪がツヤツヤでハツラツとした生活をおくることができたら、普段の生活がより楽しいものになるのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしょうか?基礎代謝が下がる原因についてご紹介しました。年齢には抗えない部分があるのは事実なので少し切ないですね。

とはいえ、筋トレなどで筋肉量を維持したり、食事や生活習慣に気を遣って内臓機能をアップさせたりすることで基礎代謝をしっかり保っていくことは可能です。

基礎代謝が上がると、美容面だけでなく健康面でのメリットも多くあります。いきいきとした毎日を手に入れるきっかけにしていただけたらとてもうれしいです。

-ダイエットコラム

Copyright© 置き換えダイエットで10kg痩せる!リアル実践記ぼて子 , 2018 All Rights Reserved.